Philosophy 経営理念

ひとの命を守る。ひとの暮らしを守る。ひとを育む環境を守る。わたしたちは、世界中の人々がいつまでも安心して快適に暮らすことのできる社会づくりに貢献していきます。

ひとの命を守る。

赤道近くの国々では、蚊が媒介するマラリアやデング熱、西ナイル熱、チクングニア熱といった伝染病でいまだに多くの命が奪われており、そこでは、殺虫剤は命を守るために欠かせない必需品です。1920年、害虫が蔓延する日本の生活環境を改善するため、フマキラーは世界に先駆けて殺虫剤を開発。以降、効果と安全性を独創的な技術で追求し、「ベープ」は、今や信頼性の高い殺虫剤ブランドとして70カ国で使われています。また近年では、世界中で猛威を振るった新型インフルエンザなど、新たに発生したウイルスや細菌の脅威が人類に迫っています。フマキラーは日用品メーカーとして、身近な不安から人々の命や健康を守るために、日々研究を続けています。

ひとの暮らしを守る。

文明の発達に伴う生活環境の目まぐるしい変化は、住宅のカビやダニの増殖、花粉症の蔓延、食中毒被害の拡大等、さまざまな問題を生み出しました。殺虫剤からスタートしたフマキラーは、その研究で培った技術力を発展させ、暮らし全体の快適性や利便性の向上のために領域を拡大。天然成分からつくった家庭用除菌剤や、マスクがいらない花粉予防クリームなど、これまでにない斬新なコンセプトの商品を次々と市場に送り出しています。課題を解決するだけにとどまらず、暮らしのクオリティアップにつながる新たな価値を付加していくことが、フマキラーのモノづくりの特長。次々と立ち塞がる不安からどのように暮らしを守り、どのように暮らしの質を高めていくか。フマキラーはこのテーマに正面から取り組んでいます。

ひとを育む環境を守る。

深刻化する地球環境問題。人間にとって自然は、ただ生きるためだけでなく、" 豊かに"生きるために必要不可欠なものです。フマキラーでは、植物と暮らす喜びを多くの人々にお届けするべく、まだ日本が高度成長の道を突き進んでいた1968年、園芸ブランド「カダン」を発表。以後40年以上にわたり、自然と暮らすことの喜びを広げてきました。消費者の環境意識の高まりや天然志向にもいちはやく着目。「安心・安全」をキーワードに、人や環境への影響が指摘される有機リン系殺虫剤や界面活性剤などの化学成分を使わない製品開発をすべてのカテゴリーにおいて進めています。社会が対峙するさまざまな問題に対処しながら、使う人の満足も高める製品を提供していきます。

企業使命/スローガン/社是/社訓